スポンサードリンク

あらすじ第1話

いまだに人気が衰えない韓国ドラマですね。

このブログでは、そんな韓国ドラマの中でも、宮についてのあらすじの
情報をメインに情報を発信していこうと思います。

宮の読みは、「みや」だと思っていたのは私だけではないはず、、、

「みや」ではなくて「クン」なんです。副題はラブインパレスとなっています。



韓国ドラマ宮のあらすじですので、ネタバレ注意でお願いします。

それでは、第一回のネタばれレビューいってみましょう。


<韓国ドラマ宮あらすじ1話>

芸術高校に通うチェギョン。
チェギョンが通う高校に皇太子シンがやって来た。
シンはすぐに女子高生の憧れの的に。

そんな逆ハー状態のシンが教室でヒョリンにプロポーズ。

その現場を偶然目撃したチェギョンだったが、シンに見つかってしまった
ために逃げ出してしまう。

シンはチェギョンの後姿しか目撃していませんでした。

しかし、シンはチェギョンの後姿だけで、それがチェギョンだとわかり
プロポーズを目撃したことを誰にも話さにように口止めした。

ある日、チェギョンの自宅に皇室から使いの者がやって来た。

チェギョンの祖父は皇室と関係があり、韓国先代皇帝の間でチェギョンが
皇室の妃として皇室に嫁ぐことをすでに決めてしまっていた。

しかし、チェギョンは学生であることを理由に、断ることに。

チェギョンの父親は友人の借金の保証人となってしまったために、借金取りに
自宅の家財道具を差し押さえられてしまう。

チェギョンは現在の生活から逃れようと、妃になることを決意する。