スポンサードリンク

あらすじ第3話

<韓国ドラマ宮〜ラブインパレスあらすじ3話>

いよいよ入宮したチェギョン。
早速、宮廷での作法などを徹底的に勉強させられる。

しかし、全くやる気にならないチェギョン。

貧乏生活から一転して、皇太子夫人となったチェギョンだが、賑やかな
家庭で健やかに育ったチェギョンにとっては、厳格な決まりが多い王室は
あたかも牢獄のようであった。

シンはチェギョンの様子を見に行って、チェギョンに気を使うが
シンのそんな態度に逆にチェギョンの気は滅入ってしまう。

2人の結婚式である親迎の礼が行われた。

その頃、バンコクではヒョリンがコンクールに出場していた。
しかし、シンのことが気にるヒョリン。

ユルも見守る中、親迎の礼のパレードも終わり、儀式はすべて終わる。

シンとチェギョンは夕食を食べながら口論となって、夜は更けていく。


〜〜あらすじおわり〜〜

<韓国ドラマ宮のあらすじ 一言メモ>

チェギョンは入宮しても今までとは全く違う世界で知らないことだらけ。
さすがに気が滅入ってしまい、何もかもが楽しくない。

しかも、チェ尚宮の宮廷教育は厳しくなる一方だ。

そんな中でもチェギョンの気持ちは少しづつシンへ向かっていた。

ところが、そんなチェギョンの気持ちを全く知らないシン。
そんなシンがチェギョンには気に入らない。

結局シンの手に噛み付いて初日を終えてしまう。